乳首をピンクにするクリーム 楽天よりお得に買う方法

乳首をピンクにするクリームのおすすめ情報です!!

乳首をピンクにするクリームとして雑誌などで注目されているのが、このアイテム↓↓↓↓↓↓

透明感のある美白クリーム
【ホワイトラグジュアリープレミアム】
94.8%が美白を実感の乳首美白
4000円OFFの
「キレイになりたい女子応援キャンペーン」は
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
>>ここをクリック!<<
2314 乳首をピンクにするクリーム ホワイトラグジュアリープレミアム

 

黒い乳首に悩むあなたのために

このページでは、

乳首の色が黒いかも・・・

乳首が黒ずんでいると彼氏から言われた

といった、乳首ついて深刻に悩んでいるあなたのために、

  • 乳首をピンクにする方法  や、
  • 人気の乳首ケアクリームなど

についての重要な情報を分かりやすく解説しています。

乳首の色や形で悩んでいるのは、あなただけじゃない!

まず、安心して欲しい情報があります。

実は乳首の色をピンクにするためのグッズやコスメ・クリームなどは、あなたの予想以上にたくさん存在しているんです!

というのも、実は、同じように乳首の色について友達や彼氏、子供から指摘されて傷ついたり、悩んだり、そうでなくても自分で気にするようになってしまった女性は多いのです。

 

乳首の黒ずみ対策グッズが多い理由

それで、いろんなメーカーが、乳首の黒ずみの悩みをケアするアイテムを開発して、発売しているのです。もちろん、新商品を開発したり、発売・販売するのは結構なコストがかかりますから、それで元が取れる(と予想できる)くらい、たくさんのニーズがある、ということなんです。

つまり、「乳首の黒ずみ」の症状自体は、気にするかどうかは別としても、かなり多くの女性に現れている症状だということです。

乳首の黒ずみケアには化粧品よりも医薬品や医薬部外品がおすすめ

そこで、美白化粧品や黒ずみ対策化粧品では、「乳首をピンクにする効果がある」、とは謳えません(効果があっても無くても、そういう「宣伝」ができないということ(詳細はこちら)。

でも、厚生労働省で認可されている有効成分を含んだ医薬品や医薬部外品の美白・黒ずみ対策・乳首ケアクリームの中には、美白クリーム(※ メラニン生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ)としてアピールできるものもちゃんとあるんです。

美白化粧品や黒ずみ対策化粧品の中にも、

美白効果があった

という口コミが寄せられているものもありますが、一般化粧品でもお値段ってそこそこしてしまいます。

どうせ買うなら、ちゃんと厚生労働省の認可を受けた医薬品や医薬部外品の美白クリームのほうが安心ですよね?

おすすめの乳首ピンククリーム一覧

それでは、

数ある美白成分を含んだ「美白クリーム」の中でも、

  • デリケートな部分である乳首にも安心して利用できる、
  • 無添加の乳首ケアクリームの中で、
  • 「乳首をピンクにする効果があった」と口コミで人気なっている

そんなアイテムを一覧にして紹介します。

アイテムなどは随時追加・更新されますので、このページをブックマークしておいてくださいね!

ラグジュアリープレミアム

当サイトで、現在の一番のおすすめは

  • 厚生労働省から医薬部外品としての認可されている
  • 利用者の94.8パーセントの人が効果を実感
  • 雑誌などにも多く取り上げられている
  • 無添加
  • 日本国内製造
  • 美白有効成分:グリチルリチン酸2K
  • ハイドロキノン不使用なので、乳首以外でもデリケートゾーンや顔・ワキ・ヒジ・ヒザ・ビキニラインにも使用できる

こんな安心感満点のホワイトラグジュアリープレミアムです。

透明感のある美白クリーム
【ホワイトラグジュアリープレミアム】
94.8%が美白を実感の乳首美白
4000円OFFの
「キレイになりたい女子応援キャンペーン」は
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
>>ここをクリック!<<
2314 乳首をピンクにするクリーム ホワイトラグジュアリープレミアム

 

さまざまな乳首の黒ずみ対策クリームを紹介

当サイトではそのほかにも、さまざまな乳首の黒ずみ対策クリームを掲載しています。

 

彼氏からも友達からも「乳首が黒い」っていわれるのはイヤ・・・

男の人って乳首がきれいなピンク色だと異常にテンション上がるみたい(笑)

美白コスメもいろいろ試したけど、あまり効果がなかった(T_T)

そんなあなたにおすすめの情報が満載です。

楽天での口コミや評判も重要だけど、美白は時間がかかるもの

最近は楽天やアマゾンでも口コミ情報や評判・購入後の満足度は重要視されていますし、@コスメなどの「口コミサイト」というサイトもあります。

でも、知っておかなければいけないのは、特に「美白は時間がかかるもの」、だということです。効き目を判断するまでには、肌のターンオーバー周期の数回分(年齢にもよりますが6ヶ月から2年程度)は継続して使用する必要があります。

美白というと、オキシドールのようなもので漂白するイメージを持つ人がいるかもしれません。

そんな薬品がないわけでもないですが、かなり刺激が強くて、痛みを伴うので、実用的ではありません。(>_<)

 

多くはメラニン色素の発生を抑制したり、メラノサイトの働きを弱める効果があるものであって、すでに発生してしまったメラニン色素を取り除いたり、白く変色させるようなものではありません。

それでも、現在、「美白効果がある」といわれている有効成分の中にも、刺激や痛みの兼ね合いで、濃度(%)によっては処方箋が必要なものや、濃度が制限されているものもあります。

ただし、世界的には美白と呼ばなくても、何かの理由で黒ずみなど肌の色に変化があった場合に、その治療を行うことは、(保険とか美容とかは別にしても、) 広く行われており、研究されているものだということは知っておいてください。

つまり、「黒ずみを改善したり、解決する方法は存在する」、ということです!


 

短期間で、乳首の色を変えるなら美容外科のレーザー治療がおすすめ

それでも、外用薬(クリームなど)での黒ずみ対策は、元々の肌の色や乳首の色より白くする、ということでもありません。

  • 短期間で
  • 元々の乳首の色よりもバッチリきれいなピンク色にしたい!

という女性には、乳首ケアクリームなどでの黒ずみ対策はおすすめしません。時間もかかるし、費用も結果的にそこそこかかってしまうからです。元々の肌の色よりも白やピンク色に変える効果は、一般に発売されている医薬品にもなくはないかもしれませんが、そのような効果は謳えません。(副作用として白斑が報告されたことがありましたね)

そのような方には、美容外科・美容皮膚科でのレーザー治療がおすすめです。(それでも1回で終わるわけではなく、何回か繰り返すことが多いようです)


 

美白成分一覧・効果と注意点

ここからは、一般に利用されることの多い美白成分と、その効果や注意点を解説します。ちなみに、シミや黒ずみの多くはメラニン色素の沈着によるものですので、「美白効果」の多くは「メラニン色素やその周辺の細胞にどんな影響を与えるか」、ということになります。

 

ハイドロキノン

美白成分と呼ばれる中で、美白効果が強く、一般に使われているものの中で有名なのがハイドロキノンです。

海外ではかなり古くから美白のために利用され、日本でももともとは皮膚科で処方されていましたが、最近(2001年以降)では美白化粧品に利用されることも多く、「肌の漂白剤」とまで呼ばれています。

美白効果も強いぶん、副作用も指摘されています。

ハイドロキノンの美白効果

ハイドロキノンの美白効果をまとめると以下の3種類に整理できます。

  1. すでに沈着したメラニン色素を還元
  2. メラニン色素の産生を抑える
  3. メラノサイトを減少させる

とかなり強力です。

「2.メラニン色素の産生を抑える」は効果は他にも多くの成分で見られる効果で、「シミ予防」として知られています。

「新しい黒ずみの原因になるメラニン色素の産生を抑えつつ、多くの美容成分で肌のターンオーバーを正常化させて、メラニンとその周辺の皮膚細胞(角質)の排出を促す」、というメカニズムの美白クリームがほとんどです。

でも、1.と3.の効果があるといわれている成分は非常に限られています。

メラニンを除去するわけではない

「ハイドロキノンがメラニンを除去する」と書いてある情報もあるのですが、言葉としては正しくないというか、違うイメージです。メラニン色素自体も物質なので、それを「その場で無くす」ことはできません。

排出させるか、吸収させるか、色を変えるか。

上で説明したように、通常は「排出を促す」美白成分が多いのですが、ハイドロキノンは写真の現像の際に還元剤として使われてきたくらいですので、メラニン色素そのものを還元します。

ハイドロキノンの副作用1:刺激が強い(痛み)

上のように強力な効果を持つハイドロキノンは、かなり古くから欧米でもシミや黒ずみ治療薬として使われてきました。

ただし、肌への刺激も強いことが知られており、濃度が薄くてもヒリヒリしたり、痛いと感じる人や部位もあります。肌荒れを起こすこともあるようです。

ハイドロキノンクリームとしては1%-5%程度までが一般に取り扱われいます。

美白化粧品などに含まれてる場合は、ハイドロキノンの濃度が2パーセントまでに制限されています。

そのため、粘膜が露出しているともいえ、敏感な部分である乳首やデリケートゾーンには、ハイドロキノンはあまりおすすめできません。

ハイドロキノンの副作用1:刺激が強い(痛み)

メラニン色素は「紫外線などの刺激」から肌を守るためにメラノサイトで生成されます。

この紫外線「などの」というのがポイントで、紫外線以外の刺激でも、メラニンが生成されることがあります。

そのため、ハイドロキノンのような強い刺激で、メラニンが生成されて、もっと乳首が黒くなってしまった、ということもあるようです。ここは注意が必要ですね。

ビタミンC

ビタミンCはかなり多くのシミ・黒ずみ対策クリームの中で利用されています。

グリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸2Kグリチルリチン酸ジカリウム)は、美白業界の救世主として注目されています。

ハイドロキノンよりも刺激が少ないなか、しみ、そばかすを防ぐ効果が高いためです。化粧品やシャンプー、石鹸、歯磨き、目薬、育毛剤などにも多く利用されている成分で、殺菌、アレルギーや炎症・敏感肌の反応を抑える薬としても利用されています。

ただし、美白クリームの中でのグリチルリチン酸2Kの役割は、肌を清潔にし、炎症を抑え、肌を健やかな環境に保つことで肌のターンオーバーの正常化を促すこと。それで育毛剤などにも利用されているんですね!

「肌のターンオーバーの正常化を促す」というというと、他のヒアルロン酸などの美容成分や保湿成分もそのような効果を期待しているものですが、グリチルリチン酸2Kの働き方はそれらとはだいぶ違いますね。